日焼けした後の肌ケア《コラム》

早くも夏の様な日差しになりましたね。

太陽が眩しい季節は、紫外線もたっぷりと浴びてしまいます。

今回は、そんな時季にやるべき「肌のアフターケア」について解説します。

日焼けのアフターケア

紫外線は浴びて3日後からメラニンが作られ始め、9日後にはメラニンが定着します。

紫外線を浴びたら、以下の様に、できるだけ早くケアする事が重要です。

1.肌を冷やす

「日焼け」は「やけど」の一種なので、肌は皮膚が炎症を起こしている状態です。

まずは日焼けした肌を冷やして、肌の炎症を押えましょう。

水で濡らしたタオルなどをあて、しばらく冷やします。

2.肌の保湿をする

赤みが少し落ち着いたら、化粧水で肌の保湿をしましょう。

化粧水をつける時は、手のひらで、やさしく塗りましょう。

顔は、普段より念入りに保湿しましょう。

美白効果のある化粧水や乳液にするとシミ対策になります。

デコルテや肩など、からだは、ボディ用のローションやミルクでケアしましょう。

日焼けした肌のほてりをメントールで冷やす「シーブリーズ 全身薬用ローション(ボディローション」や、保湿とシミ対策に「ケシミン浸透化粧水」がおすすめ!!

「ケシミン浸透化粧水」はメラニンの生成を抑え、しみを防ぐ化粧水。安価で効果的な商品です。

化粧水の後は、クリームなどを塗り、水分が逃げないよう、肌に蓋をしましょう。

3.水分補給をする

からだの外側からのケアをした後は、内側からのケアです。

普段より、たくさん水分補給をしましょう。

飲料は、ミネラルウォーター、ビタミンCが入った飲料、ビタミンB群配合の栄養ドリンク、トマトジュース(トマトに含まれるリコピンは傷んだ肌に良いの効果がある)などを積極的に摂りましょう。

ま と め

紫外線はお肌の大敵。

紫外線は、肌の表面の細胞を傷つけ、たるみ・シワ・シミ・くすみの原因や、 肌の老化の原因になります。

日焼けをしたら、できるだけ早く、お肌のケアをして、美しい肌を守りましょう。

ヴィアージュは昼・夜兼用のナイトブラ!!
バストを下垂から守り、美胸メイクしましょう。

ヴィアージュをお得な割引で、購入はこちらから!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする