理想的なバストの作り方《コラム》

下着メーカーの調査結果によると、「Dカップ以上の割合」が1990年から現在までの約30年で約3倍になったそうです。

米中心だったのが、パン、肉類や、洋食、ファーストフードなどへ、食生活の変化もあり、日本人女性のバストサイズは年々大きくなっています。

バストの大きさは、必ずしも遺伝ではありません。

この様な食生活や生活習慣でも、変わっていきます。

バストアップと美しいバストの作り方

①バストマッサージ

マッサージをすることで血流やリンパの流れが良くなり、バストにしっかりと栄養が行き渡ります。

毎日欠かさずケアすることが必要です。

お風呂に入りながらマッサージをすると、特に効果的です。

②正しい姿勢

猫背の姿勢は、バストが垂れる原因になります。

猫背の状態が続くと、そのまま筋肉が固まるので、背中に脂肪が付きやすくなります。

正しい姿勢を心がけましょう。

③正しいブラを着用する

ブラがきつかったり、逆にパカパカ浮いているなど、サイズが合わないブラを着用しているとクーパー靭帯を損傷する可能性があります。

クーパー靭帯が傷ついたり、伸びたら下垂の原因になるので、自分のサイズに合ったブラを着用しましょう。

④ナイトブラを着用する

寝ている時は、バストは重力により横方向に流れ、寝返りでもクーパー靭帯を損傷する可能性があります。

就寝時には、必ずナイトブラを着けましょう。

ヴィアージュでクーパー靭帯を守りましょう!!
美胸メイクを始めましょう。

ヴィアージュをお得な割引で、購入はこちらから!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする