ブラの寿命、買い替え時は?《コラム》

バストアップにはブラジャーが非常に重要な役割を果たしています。

「そろそろ買い替えた方がいいのかな?」と思いつつ、ほとんどの方が、買い替え時が分からず、使い続けていると思います。

今回は、ヴィアージュの話ではなく、一般的なブラジャーの買い替え時のサインについて、解説します。

ブラジャーの買い替え時のサイン

ブラジャーも、洋服と同様、ずっと使っているうちに伸びたり、型崩れします。

補整力の強いブラジャーほど、繊維に負荷がかかり、劣化が早くなります。

使えない事もないと、使い続けていても、補整力が無いので、ブラジャーの機能を果たしていません。

ブラジャーには寿命があるのです。

そんな「ブラジャーの寿命」「買い替え時のサイン」はこんな場合です。

1.カップがくたびれている

カップがくたびれた感じで、しわや凸凹していたり、厚みが減った様な状態になったら、ブラジャーの替え時です。

カップは育乳にとって重要なパーツなので、早めに買い換えましょう。

2.全体的に見た目がくたびれている

ブラジャーの見た目が全体的にくたびれている場合、例えば、生地の傷みやほつれ、毛玉が付いている場合は、ブラジャーの替え時です。

3.ワイヤーが傷んでいる

ブラジャーを平らに広げたら、ワイヤーが左右対称になっているのが、正常な状態です。

部分的に浮いたり、曲がってワイヤーのU字の幅が違っていたり、左右対称になっていないかを確認しましょう。

ワイヤーに傷みやゆがみがあると、着け心地が悪くなり、補整力が無くなるだけでなく、ワイヤーの周りが色素沈着になったり、ワイヤーが飛びしてケガをする場合もあるので、すぐに使用を中止して下さい。

4.肩のストラップがゆるんでいる

肩のストラップを何度も調整しても、時間が経つと、ストラップがゆるんで落ちてくる場合は、ブラジャーの替え時です。

ブラジャー全体がひずんでいたり、劣化により伸縮性が低下している為、肩のストラップがゆるんでいるか、ストラップ自体の劣化により、調整ができていない可能性があります。

5.アンダーやサイドのメッシュ部分が傷んでいる

これらのメッシュ部分のゴムが伸びていたり、生地が薄くなっていたら、ブラジャーの替え時です。

フィット感が足りない、着け心地がゆるくなったと感じたら、それも買い替え時のサインです。

6.その他のブラジャー替え時サイン

①体を左右にひねると、カップが胸から浮いてしまう。

②両手を上に上げると、ブラジャーがずれ上がってしまう。

③両腕を振ると、胸の肉が脇からはみ出してしまう。

④肩回しをすると、ストラップが落ちてしまう。

⑤前かがみになると、ブラジャーの後ろ側が上がる。

⑥ジャンプすると、胸が大きく揺れる。

ま と め

ブラジャーの寿命は、一般的に「100回の着用」と言われています。

ただし、製品の品質や、洗濯の仕方、お手入れの方法によっても、寿命は異なります。

ブラジャーの寿命は、着用時の不快感となるだけでなく、本来のブラジャーの役割である「下垂防止」や「バストの補整」を果たすことができません。

この機会に、一度、お手持ちのブラジャーを全てチェックして下さいね。

ヴィアージュは昼・夜兼用のナイトブラ!!
バストを下垂から守り、美胸メイクしましょう。

ヴィアージュをお得な割引で、購入はこちらから!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする