ストレスは育乳に影響がある?

育乳するなら、ストレスは大敵です。

今回は、ストレスで育乳できない原因と、対処法について、解説します。

ストレスを溜めると育乳できない

女性は、家事に仕事に忙しく、知らず知らずにストレスを溜めてしまいます。

ストレスは脳に悪い影響を与え、そこから全身につながっている自律神経の働きを乱します。

自律神経は、体に張りめぐらされた神経網で、心臓、肺、腸などすべての臓器に伸びています。

自律神経の乱れは、女性ホルモンの分泌の低下を招き、それが育乳にできない原因となります。

育乳の仕組み

ステップ①女性ホルモンの分泌
    ↓
ステップ②乳腺が増える
    ↓
ステップ③増えた乳腺のまわりに脂肪が付く
    ↓
ステップ④乳房全体にも脂肪が付いて、さらに大きくなる

この様な仕組みでバストは育つので、ストレスで女性ホルモンの分泌が低下すれば、育乳はできません。

ストレスを定期的に発散する事で、バストへの影響や、心身へのダメージも緩和させることが可能です。

ストレスを解消するには

1.睡眠を十分にとる

睡眠時間は、体と脳の休息時間です。

睡眠不足は脳を疲れさせ、自律神経やホルモンバランスも崩れます。

理想的な睡眠時間は7時間(統計的にも、最も長生きできる睡眠時間と言われています。)

2.ストレッチ運動

工場などは運動を取り入れている事が多いのですが、デスクワークでも、椅子に座っていてもできるので、定期的にストレッチ運動をしましょう。

3.甘いものを食べる

好きな物を食べたら、気分転換になりますが、甘いものを食べる事は医学的にもストレスに対して効果があります。

甘いものを食べたら、精神を安定させる「セロトニン」という物質が合成されます。

4.軽い運動

屋外に出て歩くだけでストレス解消になりますが、ウォーキングなどの有酸素運動は「セロトニン」の分泌が高めます。

また、日光を浴びることもセロトニンの分泌を促進します。

5.趣味などの時間を作る

ドライブ、旅行、映画鑑賞、ガーデニング、ゲーム、音楽鑑賞、スポーツなど、自分好き事、趣味の時間を積極的に作り、ストレスを発散しましょう。

6.身近な人との会話

家族や友人など、身近な人と会話する事で、悩み事が軽くなったり、考えが整理できたり、解決策が見えたりします。

また、他の話題の中で、笑う事があれば、ストレス発散になります。

ま と め

ストレスは育乳できない根本原因になります。

「心」と「体」の健康の為にも、まずは自分のストレスを認識して、積極的に解消する様にしましょう。

PGブラは育乳できるナイトブラ !!
今なら、PGブラがお得に購入できるチャンスです。

\2022年5月 プレゼント キャンペーン実施中/
PGブラを最安値で購入はこちらから!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする