育乳できるのは何歳までなの?

「育乳」に、女性ホルモンが大きく関与しているのをご存知ですか?

今回は、女性ホルモンで「育乳」できるしくみについて解説します。

バストの成長に、明確な年齢制限はありません。

10代や20代に比べれば育乳のスピードは落ちるものの、30代でも40代でも育乳はできますし、育乳には、女性ホルモンが関与している為、閉経の50歳前後まで育乳できます。

女性ホルモンを増やすには?

結論から言えば、基本的に、女性ホルモンを増やすことはできません。

女性らしい体つきや生理などに大きな影響を与えるのが「女性ホルモン」です。

女性ホルモンは卵巣から分泌されるホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

生理の周期により、この「エストゲン」と「プロゲステロン」の分泌量のバランスが変化します。

生理時に、心のバランスが崩れやすいのも、この為です。

また、特に、30代や40代は生活環境的にも、家庭や仕事で、疲れやストレスがたまりやすくなる事により、ホルモンバランスが乱れがちです。

このホルモンバランスの乱れも、育乳に影響を及ぼします。

また、30代後半からは、女性ホルモンの分泌量が減少するので、女性ホルモンが減少しない様に対策をしっかりする事が大切です。

女性ホルモンを増やすことはできませんが、女性ホルモンの減少に対しての対策は可能です。

対策としては、女性ホルモンを補充する為、女性ホルモンに似た働きをする成分を摂取する方法や、生活のリズムや、ストレス解消により、女性ホルモンの減少を抑える方法があります。

女性ホルモンの減少を抑えるためには?

1.バランスのとれた食生活

バランスの悪い食生活は女性ホルモンにも良くありません。肉や魚、大豆のたんぱく質、野菜、炭水化物、少量で良質な油をバランスよく摂るよう心がけてください。
特に良いとされるのは、納豆や糠漬けなどの発酵食品、ネギ、ゴボウ、バナナなどのオリゴ糖、食物繊維などを多く摂取して腸内環境を整えること。

2.良 質 な 睡 眠

睡眠不足になると、自律神経のバランスが崩れ、女性ホルモンにも悪い影響があります。遅くとも12時には寝て7時間の睡眠を確保し、寝る前2時間は食べない、寝る前は、テレビ、パソコンやスマホなど、紫外線を発するものは見ない、寝る前の熱いお風呂は控えるなど、睡眠の質を上げる事が大切です。

3.適 度 な 運 動

積極的に体を動かし、血行と代謝を改善する事で、女性ホルモンにも良い影響を与えることができます。日常生活に軽い運動を取り入れていくと良いでしょう。簡単なストレッチなどは、ゆっくり体を動かせて、リラックス効果もあります。デスクワークの方は、特に、肩や腰など血行と代謝が悪くなりがちなので、1時間に1回程度、軽いストレッチを行う事も大切です。

女性ホルモンに近い成分を摂取する方法

女性ホルモンに近い成分として、代表的なものは、大豆食品に含まれる「大豆イソフラボン」です。
女性ホルモンの「エストロゲン」と化学組成が似ている為、エストロゲンの様な働きをする成分です。
大豆イソフラボンは、大豆や豆腐や納豆、味噌など、日々の食事で気軽に摂ることができますね。

PGブラでも育乳できる !!

今なら、PGブラがお得に購入できるチャンスです。

\2022年5月 プレゼント キャンペーン実施中/
PGブラを最安値で購入はこちらから!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする