寝る時にノーブラ派は多いの?

寝る時にノーブラ派は多いの?

2015年以降に公表されている「就寝時のブラジャーの着用について」アンケート調査結果を分析すると、約5年前は7~8割の女性がノーブラ派でした。現在は、ナイトブラの普及や、地震や豪雨災害の際、すぐに避難できるなどの理由により、逆転してノーブラ派の女性は2~3割の様です。

さらに、世代間でも格差が有り、現在は20代の夜間ノーブラ派は1~2割、30代、40代と年齢と共にブラの着用率は下がり、40代は過半数が夜間ノーブラ派という結果になっています。

20代における夜間のナイトブラ着用率は、なんと!!8~9割。

予想以上にナイトブラが普及しているんですね。

ブラジャーの大きな役割として、下方向の重力からバストが下垂しない様にする事がありますが、寝ている時は、重力がバストにかからないので、大丈夫と思っている方が多い様です。

睡眠時、仰向けに寝ると、重力によりバストは平らになり、横に広がります。横向きで寝たら、片側の脇方向へ肉が流れ、さらに、寝返り動作でも、バストはダメージをうけています。

睡眠時も、バストのクーパー靭帯はダメージを受けているのです。

一般的な昼用ブラジャーは、主に下方向の重力を想定した設計になっていますが、ナイトブラは仰向けや横向きなど、睡眠時を想定したブラジャーです。

さらに、ナイトブラは進化し、「PGブラ」は、昼用ブラジャーの機能として、下方向だけでなく、左右の動きなど、日中の日常生活の動きを想定し設計されています。

PGブラは日中も使えるナイトブラ !!

今なら、PGブラがお得に購入できるチャンスです。

\2022年5月 プレゼント キャンペーン実施中/
PGブラを最安値で購入はこちらから!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする