あなたの体に合ったブラジャーを選んでいますか?

体型補整の基本は、自分の体に合った下着を着ける事。

これが大原則です。

一般的に、体に合わない下着を着け続けると、体型は崩れると言われていますが、

その逆もあるのです。

自分の体に合った下着を着け続けると体型は補整できるのです。

ブラジャー選びは、育乳の第一歩。

自分の体に合ったブラジャーを選びましょう。

ブラジャーのタイプ(種類)が体に合っていないサイン

①ブラジャーの跡が消えにくい
きついブラジャーを継続的に着用すると、体に跡が残り、消えにくなります。ブラジャーが擦れや、圧迫により、色素沈着(黒ずみ)ができます。

②バストが揺れやすい
ブラジャーがフィットしていないので、バストが揺れやすくなります。ブラジャーがゆるすぎてもきつすぎても揺れの原因になります。

③バストトップが下がる
アンダーがゆるいブラジャーを着けているとバストトップが下がりやすくなります。トップの位置が下がり、デコルテが削げて見えるなど老けた印象になります。

ブラジャーのサイズが合っていないサイン

①ストラップがよく肩から落ちる
ブラジャーのサイズが合っていない場合や、ストラップの長さが合ってないと、ストラップが肩から落ちやすくなってしまいます。

②カップがパカパカする
ブラジャーのサイズがゆるい場合やカップの形が合っていない場合は、カップがパカパカすることがあります。ワイヤーの幅やカップの浅さなどが異なるものを試すのもおすすめです。

③ブラジャーを外すと楽に感じる
ブラジャーを着けていると窮屈に感じ、ブラジャーを外した方が楽という方は、ブラジャーがきつ過ぎる可能性があります。

④アンダーがよくずれて無意識に直している
無意識にアンダーを直す癖がある人はアンダーサイズがゆるい可能性が高いです。一般的に実際のアンダーサイズよりも大きいブラジャーを着けている女性が多いので、サイズを見直してみましょう。

⑤背中や脇にブラジャーが食い込み、段差ができている
ブラジャーがきついと、ブラジャーが体に食い込んでしまいます。背中や脇に段差ができている場合は、ブラジャーがきつ過ぎます。

計測した結果がブラジャーのサイズとは限らない

トップとアンダーの差がカップサイズと言われますが、これはあくまでも「目安」です。

肋骨の形やお肉の付き方などにより、計測したサイズから2~3カップ大きくなることもあります。

実際に試着をして、自分に合うブラジャーを購入してください。

また、メジャーテープでの採寸は、自分でするのではなく、可能であれば、下着店のスタッフや、ご家族に手伝ってもらうのが理想的です。

PGブラは育乳できるナイトブラ !!
今なら、PGブラがお得に購入できるチャンスです。

\2022年5月 プレゼント キャンペーン実施中/
PGブラを最安値で購入はこちらから!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする